生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
しゅくだい
しゅくだいしゅくだい
(2003/09)
宗正 美子(原案)、いもと ようこ(文・絵)
岩崎書店
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
めえこせんせいが いいました。
「みなさん、きょうの しゅくだいは ”だっこ”です。
おうちの ひとに だっこしてもらってください」

全国学校図書館協議会選定「よい絵本」
絵本ナビの配本3~4歳コースの代替候補作品
出版社より 対象年齢 3~5歳

心あたたまる絵本です。私も、小学生になった子どもたちも大変気に入っています。何回読んでも飽きない絵本。何回も読まされます(笑)。

「おかあさんたら…あかちゃんばっかり……。ぼくのことなんか……」赤ちゃんが生まれてから大忙しのお母さん。自分のことはかまってくれなくて、とてもさみしい気持ち。

お母さんのセリフが実にリアル。「おにいちゃんなんだから」「しゅくだい、はやく やるのよ!」子どもたちはここで間違いなく(笑)共感し、主人公になった気持ちになります。

主人公が赤ちゃんを乳母車?に載せて散歩させているほほえましい場面が最後に小さく描かれていますが、これは見逃せません。やっぱり、自分の心が愛情で満ち足りていなければ、人には優しくできないものです。「もっと妹(弟)に優しくしてあげてよ。」と言う前に。この絵本から教えられました!

小学校低学年への読み聞かせにもぴったりかと思います。学校の「宿題」とのギャップにニンマリですね!

検索キーワード: 赤ちゃん 2人目が生まれる お兄ちゃんになる お姉ちゃんになる 小学校生活
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌