生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
ジェインのもうふ
ジェインのもうふ―アメリカのどうわジェインのもうふ
(1971/03)
アーサー・ミラー、アル・パーカー
偕成社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
ジェインという
おんなのこが いました。
やっと はいはいが できる
あかちゃんです。
ジェインの もうふは、
ピンクで、ふんわりして、
あったかーい
あかちゃんもうふです。

出版社より 対象年齢 小学校初級から

『セールスマンの死』で、トニー賞とピュリッツァー賞を受賞した有名なアメリカの劇作家アーサー・ミラーが初めて子どものために書いた童話です。

(幼年)童話は、今ではほとんど読み聞かせすることはなく、子どもたちが自分で読みます(当時小3と小1)。ただし、このロングセラーの名作『ジェインのもうふ』だけは、親の私も一緒に楽しみたくて読み聞かせすることにしました。一晩で読んだので、かなり体力を消耗しましたが...やはり心に残るよい作品だと思いました。

お気に入りのピンクのもうふ。絶対寝る時はこれがなきゃ安心して眠れない。そんな気持ちが子どもたちの共感を呼びます。うちの息子は、この間まで、寝るときにピカチューのぬいぐるみを抱いて離さなかったですから。

物語の主人公のジェインが、大好きな毛布から自立する成長の様子を目を細めるようにして読みました。さすがアーサー・ミラーです。心の描写やセリフが素晴らしい。こだわるジェインに対するお母さんのセリフや態度に共感しました^^。

挿絵も印象的でした。。中身は白黒ですが、毛布だけピンクで色づけされています。ボロボロの切れ端になってしまった毛布のラスト(使い道)は感動的でした。

後書きにもありましたが、お父さんがジェインに掛ける言葉はゆっくり読み聞かせたいところ。「ジェインがもうふのことをおもいだすと、もうふはまたジェインのものになるんだよ。」毛布はなくなっても、心の中で宝物として永遠に生き続けるでしょう。

麻布学園・国語科教諭の中島克治氏の著書『小学校入学前にことばの力をつける魔法の本棚』のなかで、おすすめの一冊として推薦されていました。

小学校入学前にことばの力をつける魔法の本棚
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌