生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
ぜったいたべないからね
ぜったいたべないからねぜったいたべないからね
(2002/01)
ローレン チャイルド (Lauren Child)
フレーベル館
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
ぼくの いもうとは、まだ ちいさくて、てのかかる やつなんだ。
パパと ママは、「いもうとの めんどうを ちゃんと みてあげてね」とか、
「ごはんを たべさせておいてね」なんて、かんたんに いって
でかけちゃうけど、それって ほんとうに、 たいへんなんだよ。
なぜって いもうとは、すききらいが はげしいんだ。

2001年ケイト・グリーナウェイ賞受賞作品
出版社より 対象年齢 幼児から

トマト、にんじん、まめ、じゃがいも...好き嫌いの激しい女の子ローラ。兄のチャーリーは、なんとかしてそれらを妹のローラに食べさせようとします。にんじんは『木星から届いた“えだみかん”』。豆は『空から降ってくる“あめだまみどり”』...

他に変な名付けもあったので、最初読んだ時は、「はあ!?何コレ。」と不可解な顔をしていた子どもたち。しかし、二度目、三度目、と重なるにつれ段々おもしろくなる絵本でした。好き嫌いを克服する方法はここにあり!?

子どもの落書きのようなイラスト、野菜など写真とのコラージュもユニークで、外国らしいポップな絵本でした。

ちなみに、好き嫌いについて、私自身もキライなものがたくさんありますし(特にあんこが入っている和菓子やおしるこ!オェー!)子どもに無理強いはしたことがありません。

娘は離乳食が始まり、卵を食べさせてみたところ、大変嫌がって食べませんでした。子どもが好きな卵焼きも口に入れようとしません。3歳でアレルギー検査をしたところ、卵アレルギーであったことが判明しました。道理で。体が受けつけなかったのですね。

I Will Never Not Ever Eat a Tomatoこちらもおすすめ

I Will Never Not Ever Eat a Tomato (Charlie and Lola)

英語でも読んでみたい!


検索キーワード: 好き嫌い 食べ物 偏食 ユーモア
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌