生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
いのちのまつり つながってる!
いのちのまつり つながってる!いのちのまつり つながってる!
(2007/03)
草場 一壽、平安座 資尚
サンマーク出版
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
「生まれたー!?」
玄関のドアを勢いよく開け、ミズちゃんは大きな声で叫びました。

前作「いのちのまつり―「ヌチヌグスージ」」より子どもにわかりやすくて伝わりやすい良い絵本だと思いました。最初にかわいらしい子犬が生まれるシーンから始まるので、「赤ちゃん」「命」「出産」のイメージをしやすいんだと思います。

主人公のミズちゃんは、犬の出産を通して【へその緒】のことを知ります。命はお母さんからつながっていて、そのまたお母さんから、そのお母さんから...命のつながりに気づきます。あっと驚くびっくり仕掛けがあります。大きく見開く超特大ページです。「うわぁ~!!すごーい!!」子どもたちも感嘆していました。

たくさんの赤ちゃんに子どもたちは「どの赤ちゃんがかわいい?」ともっぱらさがしっこ。細かいところまで実によく見ます。「茶色いのはイヤ」「へんな顔」とワイワイ。子どもの視点っておもしろいですね!

いのちのまつり―「ヌチヌグスージ」こちらもおすすめ

いのちのまつり―「ヌチヌグスージ」

小学校3年生の「道徳の副読本」に掲載された絵本


検索キーワード: 命 いのち へその緒 赤ちゃん
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌