生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いいわけサウルス
いいわけサウルスいいわけサウルスいいわけサウルス
(2016/3/15)
おおなり修司、 丸山誠司
絵本館
商品詳細を見るいいわけサウルス

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
「たかしくん またちこくですよ!」

宿題にふでばこ。笛、ハサミ、帽子。忘れ物をして学校の先生に叱られるたびに言い訳をする男の子。次々と体に異変が起こります。言葉少なくてもジワジワこわさが広がるしつけ絵本!?気に入りました!
ちかてつのぎんちゃん
ちかてつのぎんちゃんちかてつのぎんちゃんちかてつのぎんちゃん
(2016/3/16)
鎌田 歩
小学館
商品詳細を見るちかてつのぎんちゃん

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
ここは ちかてつの しゃりょうきちです。
ちかてつの ぎんちゃんが、
しゅっぱつの じゅんびを しています。
「さあ、きょうも がんばれよ」
かかりの おじさんたちが いいました。
けれど ぎんちゃんは……。
「ああ、きょうも くらい トンネルのなかを
はしるなんて、いやで たまらないよ」
ちかてつなのに、ぎんちゃんは
トンネルが だいの にがてなのです。

地下鉄なのに暗いところが苦手なぎんちゃん。一人じゃない、仲間がいると苦手を克服しようとがんばる姿に勇気をもらえました。惚れ込んだ絵本です。
ジャックと天空の巨人
しあわせ脳に育てよう!」は、人工知能の研究者であり、母親でもある著者が、0~15歳児までの脳の発達に合わせた子育てのポイントを教えてくれる良書。優れた映画は子どもの脳を育ててくれるのでおすすめと書かれていました。

「しあわせ脳」に育てよう!

確かに、映画は普段はできないような【疑似体験】をさせてくれます。読書よりも、よりリアルな映像なので効果はさらに大きくなります。うれしい 楽しい、悲しい、さみしい、辛い、こわい...登場人物に気持ちを重ね、感情移入することによって、情緒豊かになるのではないかと思います。親子で楽しめる映画をご紹介していきます。

ジャックと天空の巨人ジャックと天空の巨人ジャックと天空の巨人
(2014/03/05 )
ワーナー・ホーム・ビデオ
商品詳細を見るジャックと天空の巨人

楽天ブックスで検索

幼稚な作品かと思って観るのを躊躇していましたが、グイグイ引き込まれて大人も楽しめるおもしろいアドベンチャー映画でした!長男(当時高2)がはまりました。「めちゃくちゃおもしろかった!!」と次の日も興奮さめやらぬ様子。「進撃の巨人」より数段おもしろかったそうです。

娘(当時中3)は巨人が登場したあたりから「こわい」と言って脱落。巨人がリアル過ぎてグロテスクなので、幼いお子様や女の子向きではないかもしれません。

少しの不満を言えば、主人公のジャック役ニコラス・ホルトがイケメンでなかったこと。もうちょっと何とかできなかったのかと。正義感あふれる護衛エルモント役のユアン・マクレガーは脇役ながら、存在が光っていました。
干したから…
干したから…干したから…干したから…
(2016/03)
森枝 卓士
フレーベル館
商品詳細を見る干したから…

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
さて、問題です。これ、なーんだ?

出版社より 対象年齢 小学校中学年から

干すことの知識が深まる写真絵本。とにかくわかりやすい!写真もすご~く綺麗。東南アジアの市場で売られているカエルやコウモリ、ネズミの干物にはビックリしました。当時中3の娘も興味津々で聞き入っていました。
ほしじいたけほしばあたけ
ほしじいたけ ほしばあたけほしじいたけ ほしばあたけほしじいたけ ほしばあたけ
(2015/9/10)
石川 基子
講談社
商品詳細を見るほしじいたけ ほしばあたけ

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
きのこむらの はずれ、
ほだぎのさとに
ほしじいたけと ほしばあたけが
すんでいました。
「ええ てんきじゃのう……。」
ふたりが いちばん すきなことは、ひなたぼっこ。
いちばん きらいなことは みずに ぬれることです。

講談社絵本新人賞受賞作

ユーモラスで驚きの展開。色々なきのこが出てきて特性を発揮するのも楽しい。お話の長さも適度で読み聞かせしやすかったです。絵が絶品でうっとりしました。

リンク先で中身が見れますほしじいたけ ほしばあたけ
2016年度(第62回) 全国 課題図書 発表
長男(高2)が通う進学校では、国語の授業開始直後に年間を通して10分間読書の時間があるそうです。65分授業の10分を毎回使うわけですから、読書に対する姿勢が伝わってきます。

自分の好きな本を読んでいいのですが、漫画・雑誌・新聞は除くそうです。実は読書の能力は眼球の動き方の能力だといいます。漫画・雑誌・新聞を読む時の眼球運動は散漫で、通常の読書のものとは異なります。通常の文章を正確に早く読みとることを身につけるためにルールを設けているといいます。

さて、課題図書とは、青少年読書感想文全国コンクールの対象図書のうちの課題読書の対象となる本のことです。前年の1月1日から12月31日までの間に出版された本の中から選ばれ、毎年4月に発表されます。

2016年(第62回)の全国課題図書が発表されました。お子様がバラエティに富んだいろんなジャンルの良書に出あうためにも、課題図書を充分活用するといいですね。


■小学校低学年(↓)

   


■小学校中学年(↓)

   


■小学校高学年(↓)

   


■中学校(↓)

   


■高等学校(↓)

  


過去の課題図書<保存版>はこちら過去の課題図書


※参考サイト 全国学校図書館協議会
http://www.j-sla.or.jp/
かあちゃんえほんよんで
かあちゃんえほんよんでかあちゃんえほんよんで
(2016/1/30)
かさい まり
北村 裕花
絵本塾出版
商品詳細を見るかあちゃんえほんよんで

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
となりの まこちゃんちに あそびに いった。
えほんを みせてくれた。
「きょうは これ よんでもらうの」
「え? かあちゃんにか?」
「うん。まいにち ねるときにね」
「ふーん」
ちょっと うらやましかった。

健気な子どもの親に甘えたい気持ちが痛いほど伝わってくる絵本でした。誕生日ぐらいケーキを前もって用意してあげればいいのに、と思うのですが、母子家庭で働きづめの身になっていないから勝手なことは言えません...ね。

読み聞かせていて声が震えました。物語のラストは思い出しても涙があふれてきます。
脳が喜ぶ子育て
脳が喜ぶ子育て脳が喜ぶ子育て脳が喜ぶ子育て
(2015/12/5)
加藤 俊徳
世界文化社
商品詳細を見る脳が喜ぶ子育て

楽天ブックスで検索

注文していた『脳が喜ぶ子育て [ 加藤俊徳 ]』が届きました。最新の脳科学の観点から子育ての悩みをひも解く本です。つくづく子どもの脳は未熟で、いまだ発達途上なんだと痛感します。

この本を読んだ親は、イライラする気持ちをおさえて、少しは慈悲深い心で子どもに接することができるのはないかと思いました^^。

例えば、「すべきことをやらない」という悩み。精神的に幼い小学校低学年の男子生徒。教室に来たら自ら宿題を提出して、使用するテキスト類を机の中にしまい、すみやかに出席シールを貼ってレッスンが始まるのを自分の席で待つことができません。興味が他に移ってしまい、やるべきことを忘れてしまうのです。

持って帰ってはいけない記録シートをかばんに入れてしまったり、持って帰るべき宿題プリントを提出トレイに出して帰ります。水筒など自分の持ち物を教室に置いて帰るのは日常茶飯事。やるべきことができません。

同じ小学1年生でも自分の身の回りのことをきちんとできる子はいます。

脳が喜ぶ子育て [ 加藤俊徳 ]』によりますと、子どもの脳は「いま、この瞬間」を生きている、という診断。なんだかズッコケました!おかしくて噴き出してしまいます。

そう言われてしまうと、叱りようがない。いや、叱るべきではない。脳が育つまで大人が上手にフォローしてあげるしかないのです。どのようにフォローするかは本文に書かれていて(P.70)納得。

他にも様々な子育ての悩みに脳科学の観点から具体的にアドバイス。悩み別ですぐに見つけることができるので大変使いやすいです。教育者として、仕事の上で困った時に参考にできそうなので購入しました。ただ、正直なところ、もう少し踏み込んだ解決策がほしい~~と思った項目もありました。

ケース例

・食事中に立ち歩く
・手先が不器用
・運動オンチ
・すぐ物をなくす
・片付けができない
・字が汚い
・絵が下手
・人の話が聞けない
・授業に集中できない・ボーッとしている
・授業中に立ち歩く
・会話がかみ合わない
・言うことをきかない
・ゲーム中毒
・記憶力が悪い
・夜更かしがすぎる
・朝起きられない
・がんこでわがまま
・自主性がない・指示待ち
・文句や不平不満、反抗的な態度
・飽きっぽい
・不慣れなことに消極的
・読書嫌い
・表情が乏しい
・キレやすい
・オドオドしている
・友だちができない
・あいさつができない
・ウソをつく
・こだわりが強い
・かんしゃくをおこす
・空気が読めない
・指しゃぶり、爪かみ、貧乏ゆすりなどの悪い癖
・てきぱきと行動できない
・乱暴で暴力的
・きちんとイスに座れない
・手をあげたり人前で話したり発表するのが苦手
・本番に弱い
・独り言が多い
・無口
・ぶっきらぼう
・自己主張ができない
・話し方が支離滅裂
・歌が下手
・協調性がない
・素直じゃない
・自己中心的
・常に受け身
・のんびり
・口だけは達者
・作文が苦手
・問題文をよく読まずに勝手な思い込みで解いてしまう
・国語の読解問題や算数の文章題が苦手

IMG_20160203_220124(V.2016_02_11__08_55_33).jpg

脳が喜ぶ子育て [ 加藤俊徳 ]
やらかし男子がみるみる変わる育て方: 小学生でもまだ間に合う!
やらかし男子がみるみる変わる育て方: 小学生でもまだ間に合う!脳科学者が教えるやらかし男子がみるみる変わる育て方
小学生でもまだ間に合う!
やらかし男子がみるみる変わる育て方: 小学生でもまだ間に合う!脳科学者が教える
(2016/1/27)
篠原 菊紀
小学館
商品詳細を見るやらかし男子がみるみる変わる育て方: 小学生でもまだ間に合う!脳科学者が教える

楽天ブックスで検索

脳科学者が書いた本で、薄い本ながら最新の有用な情報が詰まっています。「やらかし」だなんて失礼な呼び方だと思うのですが、キャッチーなタイトルをつけないと売れないのでしょうか。

長男が小学生の頃に学校でリコーダーを2回も失くし、叱り散らしたことがあります。仕方がないのでネットでリコーダーを購入して持たせました。(結局2本とも見つかりリコーダーだらけになりました!)未だに、めがねがないだの、携帯がないだの、失くし物は日常茶飯事です!やらかし男子の代表選手なのかもしれません。

やらかす男の子は、概してワーキングメモリー(何らかの作業を行うための短期的な記憶)を鍛えるといいらしいです。親子でできる脳トレ遊びがいろいろ紹介されていて、参考になります。

また、「思いつくまま動き回り、集中して話をきけないのは、ガマンする力が足りないから」とありました。幼少期に抑制力が低い子どもは、成長しても家庭や学校で問題を抱えている率が高く、学力も低い研究結果も出ているそうです。我慢する力は生活の中で鍛えることができ、効果的なトレーニング方法が紹介されています。

他にも次のような悩みを解決するヒントが満載です。

忘れ物が多い
ものを失くす
片づけられない
勉強嫌い
ゲーム中毒
おやすみなさいくまくん
おやすみなさい くまくんおやすみなさい くまくんおやすみなさいくまくん
(2015/12/15)
パッツィ・スキャリー
リチャード・スキャリー
好学社
商品詳細を見るおやすみなさいくまくん

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
「さあ、もう ねむるじかんよ」
おかあさんは よんでいた ほんを とじると、
くまくんに おやすみの キスをしました。

くまのおとうさんが寝かしつけをしようとしますが...何ともあたたかな親子のやりとりに心がほっこり満たされました。まるで自分がこぐまくんになったような臨場感も味わえます。

リチャード・スキャリーの丁寧で温かみのあるイラストも最高です。表情がまさに生き生きと描かれています。うさぎの親子までかわいいんです~♪ これぞ長く読み継がれるべき本物の絵本だという気がしました。

ただ、文章は長いです。気に入ったので連日読みきかせしたのですが、そのたびに当時中2の娘が「長いー!!」とぶーたれていました。そんな時は...セリフだけを読んであげるといいんですねー。七田チャイルドアカデミーの先生に教えてもらいました。でも、娘には一字一句かみしめながら読みましたよ。もう中学生ですからね。
インサイド・ヘッド
インサイド・ヘッドインサイド・ヘッドインサイド・ヘッド
(2015/11/18 )
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
商品詳細を見るインサイド・ヘッド

楽天ブックスで検索

ディズニー/ピクサー映画。11歳の女の子の頭の中に存在する感情たちが繰り広げる冒険ファンタジー。

長男(当時高1)と娘(当時中2)と共に観ました。娘が「ハラハラドキドキした~!感動した~!!」と目をキラキラさせていました。私は途中で眠くなって寝てしまいました!(スミマセン)

ただ、最初はイライラさせられっぱなしのカナシミでしたが、「人生にはカナシミも必要だと理解できた」と長男が言うように私も同感しました。長男もとても気に入っていました。
せかいのはてのむこうがわ
せかいのはてのむこうがわ
(2015/12)
たなか やすひろ
BL出版
商品詳細を見る

アマゾンで検索

【最初のページ】
ハヤシくんと ゲンちゃんは じてんしゃが だいすき。
ときどき ぼくが ついていけないような 遠くの町まで たんけんに行く。
二人が そのはなしに むちゅうになると
ぼくは いつも なかまはずれ。
きょうも あの場所に 行こう…。

2015年 第31回日産童話と絵本のグランプリ絵本大賞受賞作

友だち関係で悩む男の子に特におすすめ。からをやぶり自ら行動を起こさなきゃ何も変わらないのかも。少年の成長を描いたさわやかなストーリーと巧みな展開に脱帽!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。